読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(19) 釣れなかった理由

年明けからほぼ毎週末の釣行だが釣れない日々が続いている。周りも竿が曲がらないし、常連のおじさんたちの声を漏れ聞いても、さっぱりである。常連のほとんどが去年秋口から遠投カゴ釣りでの真鯛狙いに切り替えたようだ。堤防(木材港)で1月中旬から4月上旬ごろまで釣れないという結果は昨年も経験している。海水が冷たいとメジナはジッとしているのだろうか。

しかし、週2ぐらいのペースで瀬渡し釣りを楽しまれるHさんは、数日前の釣行で50cmの大物を筆頭に爆釣を自慢されていた。だから、場所によってメジナの活性が違うのは確かである。話の内容からすると、ウキ無しで足元で釣るそうだから、かなり深そうである。深いと海水が冷たくならないからメジナが活発に捕食するのではなかろうか。

厳しい2月の寒さが、場所により海水に影響するところとしないところがあるのではないだろうかとか、海の中の地形や深さにより、メジナの好きな自然のエサの量に差があり、堤防(木材港)ではエサが豊富なため、オキアミに見向きもしないのか、逆に自然のエサが乏しいのでどこかに移動していなくなっているのではとか、想像する。

潮の流れもアタリに影響するような気がする。

木材港の突堤からの釣りの場合、北向きでも南向きでも、潮の流れの方向は、右から左、左から右、右斜めから左手前、左斜めから右手前、正面から手前など、日や時間帯により目まぐるしく変化することもあれば、数時間変化しないこともあるし、加えて流れの速さも変化に富んでいる。

エサの違いで明らかな時もある。

南向きでの付けエサのオキアミにはまったく反応しない時でも、北向きの爆弾釣りのおじさんのパン粉の団子には結構反応していた時があった。メジナは、オキアミよりパン粉の方がすきなのでは。

いろんな釣れなかった理由があると思うが、その理由に意味があるのだろうか。寒い時期のボウズだった事実結果が、暖かい時期の実績から来る自信には何の根拠もないことを突き付ける。TV番組での大間のベテランマグロ漁師の、マグロを釣り上げた後の「俺がマグロを釣ったのではなく、マグロに選ばれただけのことである」みたいな一言が気になっている。

メジナがいないだけなのか。いてもジッとしているだけなのか。確証を得るために水中カメラで見て見たいものだ。

(18) 2017年1月1日も、釣行。

昨年(2016年)から、盆暮の実家での食卓に、メジナの刺身を提供することが通例となったので、それがプレッシャーとなり、この(2016年から2017年)年の瀬は、12月30日、31日、明けて元日と3日連続の釣行となった。

 

結果は、元日に足裏と手のひらが1匹づつしか釣れなかった。ここ数ヶ月、数も出ないし型も小さいサイズしか来なくなった。

f:id:Ameharukajuli:20170117183410j:plain

まわりのベテラン爆弾釣り師のおじさんたちもパッとしない。去年と同じように釣れるわけではなかった。

水温、天気は同じようだが、明らかに去年と異なるのは釣り人と草フグが多い。

瀬々串港に至っては、草フグだらけでほぼ仕掛け投入ごと針を持っていかれた。

(17) ようやく濁りが取れた感じ

8月6日土曜日、9時過ぎの木材港。だいぶ濁りが取れてきた感じ。でも、木切れや軽石、ビニールなどの浮遊物はまだまだ多い。ちょうど満潮時。堤防から北向きに釣り開始。かなり内側で広範囲にナブラが湧く。何が何を追いかけているのか全く分からない。右にかなり早い流れで釣りにくい。手前ではオヤビッチャが群れて撒餌のおこぼれに湧く。10投目ほどで豆アジ。クロのアタリはないが付けエサは喰われている。急に流れが納まり出す。すると、ジワッと持っていくようなアタリで、合わせるとググッと引き込むが、すぐ抵抗がなくなる。でも外れてはいない。軽く手前に寄せることができたが、テトラの手前で、力強い抵抗に変わる。魚影は、なんとサヨリ。少し間をおいて2匹目もヒット。これは、サヨリの大群が押し寄せたか。そこで、住吉町に魚類市場があったころアジに交じってサヨリが釣れ、生臭いし食べ方も知らないし、全部捨てていた小学生の頃を思い出した。また、岸壁に小銭稼ぎのおじさん達が数十人ズラッと並び、サヨリ釣りをしている光景も思い出した。もしかしたら、この堤防や岸壁がサヨリ釣り師に占有されるのではと思ったが、タナも仕掛けも異なるのか、パタッと来なくなった。しばらく無反応ののち、仕掛けを作り直した一投目で、手のひらがヒット。その後は、付けエサがそのまま残ってしまう状況が続いたし、撒餌もなくなったところで納竿。

f:id:Ameharukajuli:20160806165034j:plain

(16) 漂流物の多さと濁りの中でようやくジャスト30センチゲット

7月23日、24日と連日で木材港に釣行した。23日は、結局、アジ数匹のみだった。

既に梅雨は明けたが、長く続いた大雨で海の濁りがなかなかとれずにいる。加えて、竹や木そのものや根っこや屑、植物の葉、軽石、ビニール、ペットボトル、発砲スチロール漂流物などなど、その量の多さと流れの速さに邪魔されながら、しかも、アジのアタリだけだった。

24日も濁りとゴミの状況は同じだったが、たまたまバネ籠に撒餌を強く固め過ぎたので、仕掛けがゆっくりと沈んでいきウキが見えなくなり竿先に集中していた時に、やや強めの引き込みがあり、上げると15cmの真鯛の子だった。それをヒントにアジを避けられるかもと思い、タナを竿一本にしたところ、確かにアジの喰っちゃ放し、喰っちゃ放しのアタリがなくなった。そして、その何投目かに遂にウキがビシッと引き込まれた。竿先にもガツンと来る。グレのアタリに違いない。アワセは入れずに竿を立てる。すると竿がグンとしなる。途中は素直に寄ってきたが、手前のテトラに差し掛かるとグイッと強い抵抗になりこちらもグッと堪える。そして濁った海中に鮮やかな青色をしたグレの魚影を確認し、間髪入れずエイッと引っこ抜いた。堤防にドサッ。久々のスカリ使用。自宅で調理前に計ったら、29.8cmだった。

f:id:Ameharukajuli:20160725093933j:plain

その後は、手前に流れる潮に変わったため、釣りにならない時間帯に。一匹釣り上げた余裕もあり、これからという場所だったのだがそこを諦め、Hさんのいる南向きに場所移動した。北東の風だったのでとても釣りやすかったが、タナは竿一本のままでもアジだけだったので、付けエサが無くなった時点で、早々と引き上げた。

余談だが、何とか丸という錦江湾内の海のゴミをかき集める専用船が今、大活躍という話題が、Hさんから出た。北の方が先で南は手が回らないらしい。直感で、過去何度か見たことがある、船体の半分が海に沈んで進む船のことか、とHさんに尋ねたら、その通りとのこと。ありがたや。ありがたや。

(15) 集中豪雨のため海が茶色く濁る

6月29日仕事で霧島市に行った帰りの国道10号線。いつもなら桜島を正面にした素晴らしい景観のはずが、キャラメル色の海に目を奪われた。それも重富から磯までずっと。これまで見たこともない濁りの色とその範囲の広さである。どこから流れてきたのか。直感的に、二十数年前の重富から磯までの間にがけ崩れが発生した8.6水害を思い出し、もしかしたら、大規模ながけ崩れの前兆かと一刻も早く10号線を脱したく気が急いた。

その後も、鹿児島市内の海は異常な濁りが続いた。

7月3日土曜日の木材港も、いつもよりかなり濁っていた。豆アジが6匹。

7月4日日曜日も、濁ったままで、アジも来ないありさま。でも、道糸をビシッと引っ張るメジナのアタリは2回だけあった。

また、ウキがスッと沈み、海面に戻り、再び躊躇するような沈み込みにアワセを入れると、竿先が一気に限界まで曲がり、グングンと引き込む。大潮のド干潮の時間帯で、むき出しのテトラの先までタモは届かない。どうしようと取り込む算段をする間もなく、さらなるグングンという抵抗の後、ハリスを噛み切られバレた。あれがグレだったとしたら。1.2号のハリスを噛み切られたことに納得がいく。あの引きは、ボラではないし、チヌなら噛み切れない。

得体のしれない大物がすぐそこにいる。

(14) 杓で撒餌を追加打ち

6月26日日曜日は、久しぶりの晴天で木材港に釣行。

堤防の外側(南向き)が満員につき、仕方なく手前の内側についた。先客の爆弾釣りのご老人はパッとしない様子。

その後、一気にフカセ釣りが3組5人に増え、合わせて7人が並んだ。フカセの連中は、撒餌をどんどん打ち始めるが、釣れるのは、タナが深すぎなのか地球、アブラメ、豆アジ、金魚、名前がわからない黒い外道。

このひと月ほど、グレの釣果のない筆者も、豆アジだけで、グレらしきアタリのない時間帯が続いた。とにかく潮の流れが速く、撒餌が効く感じがしない。

撒餌がおよそ半量ほどになった時点で、それまでのかなりの遠投を改め、半分程度の地点に撒餌を杓で4、5杯固め打ちした。肩は全く痛みを感じない。コントロールも絶好調。例のバネカゴで撒餌を打った上に、1、2杯追加を打ち始めたところ、ハッキリとしたグレのアタリがきた。道糸がビシッと引っ張られ竿を握る手にかすかににグンとアタリが伝わる。1号のウキが沈み込んだのに合わせを入れると、まず、手のひらがヒット。続いて、25cm程度。

14時過ぎに帰宅。グレは刺身と煮付けに、豆アジは南蛮漬けに仕上げてから、プールで1時間半ほど汗を流し、夕食のビールは最高だった。

 

f:id:Ameharukajuli:20160627235221j:plain

(13) 鳩が竿を・・・

f:id:Ameharukajuli:20160619164407j:plain

5月半ばの休日、木材港の突堤で久しぶりにHさんと隣り合わせとなった。お互いパッとしない時間が過ぎて正午前になると、Hさんは道具をすべて堤防に置いたまま昼食を摂りにご自分の車に帰られた。

 

Hさんがいなくなった途端、数羽の鳩が道具の周りに集まり散らばったパン粉をついばみ始め、バケツに入った団子も区別なく食べ放題の状態になってしまった、のだろうと思われる。普段、爆弾釣りをする人たちは用足しなどでその場を離れる場合、爆弾バリがむき出しでは危険なことを心得ているので無造作に放置したりしない。だから無意識にというか、何となく団子のバケツの中に仕掛けの針を入れ隠す。

 

かねて、鳩が一斉に飛び立つ音は聞きなれている。その時も鳩が一斉に飛び立った。でもそのあとも、するはずもない羽ばたきの音が断続的に聞こえた。いつもとは違うと感じ、やにわにその羽ばたきの音がする方に目をやると、こともあろうに一羽の鳩が爆弾バリの仕掛けに絡まって、それから逃れようとバタバタしているではないか。バタバタすればするほど爆弾バリはあちこちに刺さるはずだ。どうか暴れないでおとなしくじっとしてくれ。とそんな思いが通じるわけもなく、鳩は糸を引きずったまま高く舞い上ろうとする。しかし、オモリや竿の重さでバランスを崩し堤防に落下、それでもなお逃れようとするが仕掛けが絡まったままなので同じ事を繰り返している。そして、鳩が外側の海の方に向かって飛び出し、糸に吊られ竿が引きずられズルズル堤防を這い、遂には堤防から海に落下。竿の重みで糸に引っ張られ鳩も落下、海面でバタバタ。竿は沈んでいく。あれよあれよという間におおごととなったのである。Hさんの竿とリールは、十数万円すると聞いていたので、なおさらである。

 

海に完全に浸かった鳩だったが、何とか海面から飛び立てたのだが、海の中に沈みつつある竿と、糸でつながったままだから上空に舞い上がろうとしてもどうしても引き戻される。生命力の凄まじさよ、それを何回か繰り返すうち、糸に引きずられたままの鳩が堤防まで舞いもどることができ堤防上に落下。ここで初めて、鳩を助けることができると判断した私は、バタつく鳩を抑えに駆け寄る。近くにいた少年も駆け寄り、竿がつながったままの道糸を手繰り寄せ始めた。このままだと、竿先がヤバイ、と思ったが鳩を助けたい一心で、まず鳩を押さえにかかったのである。

 

魚釣りをするから言えた義理ではないが、筆者は、猫を3匹飼っているので動物が悲惨な目に合うことに対し、やめてーかわいそう、助けたい、という思いは強い。いつもは、釣り人の足元まで平気で近寄り遠慮もなくパン粉をついばむ鳩だが、人の手のひらから餌を摂ることは絶対になかったので、かなり抵抗するかと思いきや、体力を使い果たし、もう一飛びする力もなかったのだろう、すんなりと両手に納まった。全身が塩水でびっしょりぬれていた。必死に羽ばたき続けた鳩の体温と心音が手のひらに伝わる。複数の爆弾バリが体のあちこちに刺さっているのではと心配したが、幸いにも鳩の片足にオキアミを付けるための10数センチの長さのハリスが一回転だけ巻き付き、単純にその先の針がハリスにチョンと掛かっていただけだった。つまり7本の針は、鳩のどこにも刺さっていなかったのである。でも、両手がふさがった状態では、鳩の足に絡まった糸を外すことが出ない。しかも、すぐそばで糸を手繰り寄せきった少年は、竿先を持とうとしていた。その持ち方は、一発で竿先が折れるであろう持ち方になろうとしていた。少年に何と言って竿の持ち方を制したか覚えていないが、とにかく、竿先が真っ直ぐ天に向かうように引き上げられ無事折れずに済んだのである。筆者は少年に対し、Hさんに代わり何度もお礼をした。少年の理解力も称えた。持ち主が戻れば本当に感謝されるだろうと付け加えた。その後、少年の母親と思しき方がやってきて、両手が鳩でふさがった状態を見て鳩の足から糸を解いてくれた。そして、「ウオリャー」と鳩を高く放り上げ、そこにいたみんなの笑顔で見送った。

 

 

 

小一時間して、昼食を摂り終え戻ってこられたHさんは、あのおおごとの事件を知る由もなく、何事もなかったかのように釣りを再開されたのである。しばらくしてからHさんに鳩の一件の一部始終を話したのだが、穏やかな日常に戻ってからの時間が経ち過ぎてしまい、何事もなかった感が邪魔をしたのかもしれない。Hさんは少年に対しても筆者に対しても感謝のかの字もなかった。その少年はというと、こちらを気にすることもなく遠くで家族と釣りを楽しんでいた。